Franck, SONATE fur Piano und Violine 1



Franck, SONATE fur Piano und Violine 1 (47)
C.フランク作曲の「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」第一楽章
DTMではかなり難しいヴァイオリンの音。
以前からMIDIで演奏してみたい曲でしたが、音源の質が悪いとそれらしく聞こえないので、ずっと温めてしまっていました。
ピアノなどの、打弦楽器の場合には比較的早くから実用的な音源が出ていましたが、その他の楽器、特にソロに使える楽器が難しく、木管楽器がやっとそれらしく奏でられていたのですが、ヴァイオリンのような弦楽器になるとまったくおもちゃの音になってしまいがちで、そこをクラシックらしくさせるのはかなり大変なことではあります。
幸い、Mirosravのインストゥルメンとを利用すると、贅沢を言わなければ「そこそこ」のものになる感じです。


コメントを残す