さくら横ちょう

日本人ならこのメロディーがきっと好きなはず・・・ この曲の言葉も好き と思えてなりません。

桜の花が満開になると、妖艶ではかないその美しさから、この世の「無常」を「美」と受け止める心を揺らされるのでしょう。

 

コメントを残す