Debussy , 牧神の午後への前奏曲



Debussy , 牧神の午後への前奏曲 (33)
ドビュッシー作曲の管弦楽曲「牧神の午後への前奏曲」
Prelude a[LApres-Midi d’un Faune]
ステファーヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、これに附随する曲集として最初は考えられていたらしいのですが、マラルメから絶賛され「この曲だけで全てを物語れている」とのお墨付きから、この曲のみで完了したというエピソードがあります。故に「前奏曲」と付けられているそうです。