叱られて
清水かつらの詩に弘田竜太郎作曲の「叱られて」。
ヴィオラとピアノの演奏です。
ヴィオラの音源を弄っていて、この曲を歌わせてみたくなりました。



叱られて
宵待草
竹久夢二の詩に忠亮作曲の「宵待草」。
ずいぶん前に作成していたものですが、ソフトウェア音源を使ってMP3に作成しました。
ヴァイオリンとピアノの演奏です。



宵待草
滝廉太郎作曲の二曲
季節柄か、滝廉太郎作曲の「花」にアクセスが増えました。
ならばと、データの手直しを行い、花がより生き生きとした情景になるように更新しました。
それとともに、全くの新規作成で「荒城の月」も作成しました。
チェロに歌わせています。





荒城の月
手直ししたピアノ
2024.02.16 15:48 | pmlink.png 固定リンク | folder.png 新作・更新情報
バルトークのルーマニア民族舞曲
本当に久しぶりにMIDIを作り始めました。
短い曲集なのですが、バルトーク作曲の「ルーマニア民族舞曲」
作成音源はミロスラヴのフィルハーモニック。



I.棒踊り
1曲目の JOC CU BATA です。1分少々の短い曲で、少し耳障りな音がします。

2023年9月23日作成

II.帯踊り
2曲目の BRAUL です。30秒少々の短い曲ですが、楽しい雰囲気。

2023年9月24日作成

III.足踏み踊り
3曲目の PE LOC です。51秒少々の怪しい雰囲気の曲。

2023年11月10日作成

IV.アルペンホーンの踊り
4曲目の BUCIUMEANA です。

2023年11月12日作成
ロメオとジュリエットよりバルコニーのシーン
プロコフィエフ作曲のバレエ音楽「ロメオとジュリエット」から、バルコニーのシーン。
SC-88proの時代に作成したデータなのですが、ソフトウェア音源で手直しいたものを、さらに微調整してリニューアルです。



プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」より バルコニーのシーン
スキタイ組曲
プロコフィエフ作曲のバレエ音楽・スキタイ組曲「アラとロリー」から、敵の神と邪悪な精の踊り(フランス語の題には「敵の神と夜の精の踊り」とありますが)。
もともとはバレエ音楽として作曲されたらしいのですが、結局舞台にはならずに、痺れをきらせたプロコフィエフによって、組曲版「アラとロリー」として世に出されたものだそうです。
このように速い曲の場合、飛び回る音符に発音が付いていけなくことが多く、特にソフトウェア音源ではかなり難しくなります。
今回はSC8850のみでの手直しになりましたが、それでもかなり厳しいところが多い曲ではあります。
全体の楽器の配置とバランスを修正して、特に太鼓の音を修正して聴きやすくしました。



プロコフィエフ 敵の神と邪悪な精の踊り
フィガロの結婚 序曲
MIDIデータを作り始めて間もない頃の古い作品ですが、手直しをしてそれなりに聞けるようになったかと思いますので、MP3ともども更新しました。
新春に一番の派手で明るい曲です。



モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲
モーツァルトの交響曲 第40番 KV.550
思えば、この交響曲をMIDIで作ったのは2003年のことで、20周年と言うこともあり、リニューアルしてMP3化しました。
まだ細かいところに手直ししたいところがありますが、2022年中にできるところまでとなっています。


モーツァルトの交響曲 第40番 KV.550 第一楽章 8分45秒
モーツァルトの交響曲 第40番 KV.550 第二楽章 15分52秒
モーツァルトの交響曲 第40番 KV.550 第三楽章 5分58秒
モーツァルトの交響曲 第40番 KV.550 第四楽章 8分39秒

音源はSC-8850です。MIDIデータも公開しますので、音源をお持ちであれば同じ音が出るはずです。

気がつけば、交響曲の全曲をやり遂げたのは、実はこの曲だけなのでした。
Adagietto
マーラー作曲の交響曲第五番から第4楽章のアダージェット
ずいぶん前に作成したものなのですが、一部ソフトウェア音源を使ってリニューアルしました。


Mahler, Symphonie No.5 4 Adagietto

- CafeLog -