新作&リニューアル
2022.04.28
何曲か春らしい、小さな曲をしました。



メンデルスゾーン 春の歌
ピアノの小品です。「無言歌集」より作品62の6。
オルゴールで作っておいたものをピアノで仕立て直しました。 2022年4月25日作成 <オルゴール版>

ドヴォルザーク ユーモレスク (ヴァイオリン・ピアノ)
こちらは歌曲のスコアからなので短縮版ですが、ヴァイオリンとピアノで演奏させてみました。
ヴァイオリンは、伸ばす音と短く切る音でレスポンスが違うので、三つのトラックに分けて配置して作っています。 2022年4月22日作成 <オルゴール版>

ドビュッシー 夢想 Rêverie
こちらも旧作からの手直しですが、ピアノにやっと仕上げられたものです。
ソフトウェア音源で良いものが登場する前までは、ピアノの演奏がかなりしょぼい音でしたので、今頃になってという感想ではありますが。 2022年4月27日作成

デンツァ フニクリ-フニクラ
非常にポピュラーな曲なので、著作権がまだ保護期間中とばかり思っていましたが、作曲者は没後100年程度は経っている模様なので、作ることにしました。
イタリアの火山の登山電車のコマーシャルソングで、史上初のコマーシャルソングということだそうです。
アコーディオンの演奏に仕立てました。 2022年5月1日作成 <オルゴール版>

トスティ ラ・セレナータ
Tostiの歌曲からLa Serenata。とても心地の良い流れの曲です。
非常に音符の間隔が詰まったスコアなので、作成は音の長さを倍にして打ち込みました。
オーボエとピアノの演奏です。 2022年5月5日作成 <オルゴール版>

ウェバー 野に咲くばら
Weberの歌曲からIch sah ein Röschen am Wege stehn。
バラの季節ということで、間に合うように作りました。
フルートとハープの演奏です。 2022年5月12日作成 <オルゴール版>

シューマン くるみの樹
Schumannの歌曲からDer Nussbaum。
緑の美しい季節のために、オーボエとハープで作成しました。 2022年5月14日作成 <オルゴール版>
のばら
2022.04.17
季節もどんどん暖かになり、バラの蕾も膨らみ始めています。
というわけで、季節にちなんで「のばら」を作成しました。
ゲーテの有名な詩によせたシューベルト(Schubert)とヴェルナー(Werner)の二編です。


のばら(シューベルト作曲)
この曲が一番有名かもしれません。いろいろなところでチャイムにも使われており、実は我が地方の朝にも流れていたりします。
軽やかで、ちょっと切なさも含まれたもので、シンプルで分りやすくもあります。

のばら(ヴェルナー作曲)
こちらも有名ですが、穏やかな雰囲気。

ともにオーボエとピアノの演奏です。

2022年4月15日作成
二重星によせて
2022.04.09
夏になると、望遠鏡を持ち出して天体観望を良くしていました。
星雲や惑星、二重星の美しさにため息を漏らすことがよくありました。
そんな中で、美しいハーモニーの色合いで輝く星に思いをめぐらせているうちに、いくつかの曲を作ってみたくなりました。



白い星紫色の星(フルート・オーボエ・ハープ)
二重星の中でもとりわけ美しく見える、白い星と紫色の星のコンビ。強く光るわけではなく、優しく穏やかに夜空の中でそっと輝く宝石のような星です。
フルートとオーボエにハープを添えてゆっくりなテンポで。

2022年4月5日作成

星のダンス・緑の星金の星(クラリネット・フリューゲルホルン・ハープ)
白鳥座のくちばしにあたるところにある星はアルビレオという名前の二重星で、望遠鏡で見ると緑色の星と金色の星が瞬いています。
その星に寄せた曲を考えていたのですが、最初のイメージとは若干違ってしまいましたが、これはこれでまずまずのできになったかと思います。

クラリネットとフリューゲルホルンにハープでの演奏です。
音源はすべてMiroslavのものです。
三つの構成からなり、最初は天の川に早く登ろうと焦って飛ぶ白鳥のイメージで、やがてそこに収まると落ち着いたムードが流れ、そして銀河の星たちの中で楽しいダンスを始めるという感じです。

星のダンス・緑の星金の星(クラリネット・トランペット・ハープ)
フリューゲルホルンをトランペットに差し替えたバージョンです。
最初の予定では、より金色したトランペットを使う予定でしたが、インストゥルメントが難しかったので、最初にフリューゲルホルンで作ったのでした。

2022年4月9日作成
春の空に
2022.03.31


春の空に(フルート・ハープ)
春の空の穏やかさと賑やかさをBGMとして作ってみようと、フルートとハープではじめたものの、気が付けば純音楽的な仕上げになってしまいました。
音を打ち終わって、仕上げに入る前に、オルゴールの音色で作ってみて、音の整合性をチェックした後に、フルートとハープをもう一度配置しなおして仕上げていきました。
フルートは三種類のパートに分けて、レガートとポルタートに分けています。
ハープは高音部と低音部の2パートに分けるのはいつものことですが。
YouTube動画

2022年3月31日作成

春の空に(オーボエ・ハープ)
オーボエとハープの演奏に仕立て直しました。
オーボエに合わせて調律を1音下げ、途中の音もオクターブ下げました。
最初のフレーズの穏やかさが増し、全体としての完成度も高くなったと思います。

2022年4月1日作成
ファンファーレ
2022.03.25
なんとなく、ファンファーレが作りたくなって、思い浮かんだものを記録として残しました。
30秒程度の短いものですが。(明るい曲です。)



ファンファーレ2022-1
作成音源はMiroslav philharmonikのブラス音源とパーカッションで、Revervは使用せず。
それでも、もともと少し残響がある状態での録音らしいので、完全なドライではありません。

2022年3月23日作成
秘密の場所へ
2022.02.26
オーボエとハープによる、ちょっと切ない曲です。
秘密にしておきたい、とっておきの場所へ、大切な人を誘いたいという気持ちから出ました。
(ノスタルジックで明るい曲です。)



秘密の場所へ
秘密の場所へ(ハープをKontakt 3に変更したもの)

最初にハープの音形が出来上がり、そこにオーボエを乗せて、修正しながら出来上がったものです。
楽しさを口早に説明したい、「その先の世界はこうなんだよ!」って、言ってみました。
2022年2月26日作成
廃墟を砂漠に化す嵐
2022.02.24
エフェクト音源です。
映画の冒頭シーンなどに出てきそうな怪しいムードです。



廃墟を砂漠に化す嵐

ここに載せるか迷いましたが、今の雰囲気がこんな感じでしたので、あえて記録して置くことにします。
2022年2月24日作成
楽しいランチタイム
2022.02.23
ちょっと楽しい曲を作ってみました。
クラリネットのおどけた音に陽気なハープを重ねて。(とても明るい曲です。)



楽しいランチタイム

本当は散歩の時に使えるようなものを起草しましたが、途中で寄り道です!(笑)
2022年2月23日作成

クラリネットのサウンドは、Miroslav、ハープはKontakt 3 を使用しました。
村のまつり
2022.02.20
最初に太鼓の音のイメージがあって、それに木管の音を加えて作ってみました。(和風)



村のまつり(MP3版)

最初にずっしりとした太鼓の音形をイメージしていて、それを先に作ります。
次にフルートを、お祭りっぽく入れて行き、それにクラリネットを、なんとなく気が向かなそうに合わせて、ファゴットをそれらに絡むように入力しました。

お囃子太鼓のサウンドは、Ethno World 5 のインストゥルメントで、木管はMiroslavのものを使用しました。
2022年2月20日作成

太鼓と鳴り物のみのバージョン
清らかな流れ(奥日光の思い出)
2022.02.17


奥日光の戦場ヶ原の遊歩道に良く歩きに行きます。
春から夏、秋にかけては毎月のように、場合によっては毎週のように出かけては、自然の音の中で写真を撮ったり、映像を収録してきました。
そうした映像に何かBGMを付けたくて、クラシックも良いのですが、YouTubeにアップするとどこかから「パックったでしょう?」とやってきて(自分のオリジナル音源なのですが)、そんな嫌疑の解消にストレスが溜まったりして気分が良くないことが多く、ならばこの際、自前の曲を作って当ててみたものがこれです。(2022年1月26日作成)

最初にハープの音形が浮かんで、最初の音の高さをイメージした場所に置き、そこで調性が決まります。
そこからしばらく打ち込んでいって、フルートのメロディーが心に流れて、それをしばらく進めてみる。そしてまたハープの音をつなげて行く。
そんな感じで出来上がってきます。
今回の場合には映像に使うことを前提としているので、シンプルにある程度の時間を目安に仕上げていきました。(穏やかな曲です。)

フルート・ハープ MP3版
ピアノ・パッド・ハープ MP3版

これも含めてオリジナルの楽曲は、他者の音源の無断使用の咎めがまずないので、安心して使うことができます。「音楽の素材屋さん」にて無料公開しています。オリジナル曲ページ

- CafeLog -